スポンサーサイト 



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

先取りの弊害~我が家の場合 



先取りには賛否両論ありますが、
我が家には先取りの弊害がこんな風に出ましたよという話。

息子たちは3歳くらいから、遊び&学習習慣づくりで
週に数度ワークをやらせていました。
親子ともに気に入っていたのが
学研の多湖輝さんのシリーズ。
ちえ・かず・すうじなどが楽しく無理なく学べるものです。
別に先取りをしよう!と明確な考えがあったわけでもなく
親も無知なため幼児用だからと何も考えずに
本人たちがやりたがるまま進めていました。
が、兄弟が年長・年中に上がる頃
インターネットの掲示板で「先取りの弊害」つまり、
授業がつまらない→きちんと聞かなくなったり授業を妨害したりするという問題を知りました。

気づけば年中・年小でも繰り上がり・繰り下がりまで終了している息子たち。慌てました。
で、去年1年間は前に進むのではなく深くしていこうと思い
兄は小学校受験問題集・頭脳パズル・図形遊び・ことば遊びで足踏み。
弟も知恵遊び・図形遊び・ことば遊びを中心にしていたわけです。

兄弟には授業で知っていることが出てきても先生の説明はプロ!だから
大切なことを沢山教えてくれること、
きちんと聞かないとすぐについていけなくなることを日々言い聞かせていました。

そしていよいよ兄が小学校に入学したところ。
兄は授業中にぼんやりしたり
(先生いわく、他の子が終わるのを待っている間暇になってしまうようで・・と)
学校の様子を聞くと、算数・国語がつまらない・・と言い出すようになりました。

もちろん私語や立ち歩きなどはなく
今のところ他のお子さんに迷惑はかけていないようなのが救いですが、
親として子どもに申し訳ないことをしてしまったという思いがあります。
本当なら目を輝かせて新しい知識をどんどん吸収する時期なのに・・。
でもやってしまったことは戻せない。

という事でこれからとにかく復習第一!!でやっていくのか、
それとも同じ学年の範囲なら予習ありにするか悩み中。
いずれにせよ教材はあまり手を広げず、
いろいろやらせすぎずに行くようにしたいです。

しかし・・・公文とか塾で先取りしているお子さん、
みなさん同じようにつまらないのかなぁ。
どうされているのか知りたいところです。
関連記事
スポンサーサイト

 

theme : 子育て・教育
genre : 学校・教育

comment

Secre

No title

そうでしたか。。。

弊害はあまりにも目にあまるほどとか
先生から指摘されるようなことでもない限り
いきなり復習モードに突入するより
お子さんがもっと勉強したいという気持ちなら
どんどんやらせてあげるのもいいとおもいます。

一番大切なのは勉強への興味をなくさないようにしてあげることだとおもいます。
どうしても公立小学校の場合は「平均、みんなと同じ」、という
考えにはまりがちですが
理解度の高いお子さんにはそれ相応の勉強の場を与えてあげるのもいいとおもいますよ。またそれができる
家庭環境はお子さんにとって幸せですね。
また、進むスピードを多少遅らせても
読書の時間をふやしたり、数学がすきなら
それこそクイズ形式で楽しく深く理解を深めていく時間調整だって
いくらでもできますしね。

10人いればみなそれぞれ個性が違うのだし
習熟度が早い遅いは仕方がないことです。
(ピアノや水泳だって同じことがいえますもの)
できれば吸収力がよい今の時期に興味のあることをどんどんやらせてあげるほうがいいとおもいます。

小学校低学年のときはまだお子さん自身がまわりとあわせることが
できないかもしれませんが
高学年になるにしたがって、結構、子供自身も学校と自宅学習(塾含む)を使い分けられるようになるものです。
どうしても学校の勉強がつまらなくて目にあまるようであれば
それは問題ですが
そうでもなければ勉強を趣味のようにしてあげて
楽しく深く追求するのも本人のためだとおもいますよ。

運動にしても、学習にしても、芸術、料理、手の器用さ。。。など
いろんな分野で得意なことをのばしてあげるのは
結局はその子の将来のためになるはずです。

かのん流子育て!堂々とされてみてはいかがでしょう。。

応援しています!

No title

たびたびすみません。書きわすれ^^;)

うちの子供達も3歳から公文そして小学高学年から塾へ転向しましたが、学校の授業がつまらないというのはあまり言ってませんでしたね。公文では小学校で習う範囲を網羅してはいませんので。
(計算には強かったですが。。)

塾にいくようになってからは、テスト満点者が名前を貼られるので
そういう目標をもってがんばっていたような記憶があります。
また中学生になると同じ塾の仲間同士、男の子だと競争意識も自然とめばえて自然と自分から積極的にがんばろうとしますよ。

Re: No title

ちろさんお忙しいのにコメントありがとうございます!
経験談、参考になりますe-68

兄のほうはやらなくてはいけないことだからやる、というスタンスで
自分からどんどん・・という感じでもないんです(汗
やれば出来るから楽しいという気持ちはあるようですし
こつこつ頑張ることが苦にはなっていないようなのですが・・。

親主導でやらせてきたため、勉強への興味が少ないのかも?
先取りをしなければ授業が面白くなるのではないかと迷っていました。
でも実際に算数については2年生以降の単元でも
ペーパーをやらずとも生活の中でどんどん憶えていってしまうし、
それを無理に止めるのも、確かにおかしなことですよね。
興味あることはもちろん進めてあげて、
親が意識した先取りはしないという方向で行こうかと
ちろさんのお話を拝見して思いました。

ただ、やや復習型にするにしても宿題レベルだと面白くないのは明らかなので
結局使う教材は今までと同じちょっと手ごたえのあるものになるんですよね。
そうすると理解力が進み、結局学校の勉強は・・う~ん難しい!
あまり気にせずこれで少し余裕をつくり毎日の勉強時間を減らして
自発的にあまりしない読書に時間をかけていければ良いのかな。

ちろさんのお子さん達は公文をされていたのですね。
確かに図形分野がない分興味が損なわれないのは良いですね!
お子様方のように自主的に興味をもって
勉強してくれるようになれば良いなぁと思っています☆
それにはやっぱりちろさんのように
いつまでも勉強&努力が出来る親でないといけませんね。
わたしも頑張らなくては!!

No title

かのんさん、ちろさん、こんばんわ。

かのんさん、先取り学習に対して、私は ちと余計なこと言ってしまったかも
しれなかったですね・・・。

かのんさんのお家のやり方は間違っていないと思います。
そして、この間違いではない・・・というものはすぐには結果のでないもののようです。
なぜなら、子供は成長するし、いつも同じではないし、突然変わったりもする
からです。
小学1年の時から、漢字はしつこいぐらいに一緒に勉強していました。
繰り返しやること、忘れることは当たり前だから、そこはぜめない?で
また、繰り返し・・・。
しかし、娘にはある意味、漢字に対して火?というか、熱はつきませんでした。
漢検も受けたりせず、6年を終了。
そして、中学です。
なぜか、突然、漢字がよく出来るように・・・。
毎週ある漢字テストも満点の連続・・・。なぜ?と思い聞いてみると、
100点とりたいから。(今までそうじゃなかったの・・・?と思いましたよ 泣)
1回、100点で次回も100点・・・だんだんとクラスの中でも
連続者は減っていくなかで、範囲の事前予習が出来るようになったようです。
もちろん、満点じゃなくなった時に、本人のテンションは下がるかもしれません。
しかし、自分で見つけた漢字を満点とる勉強法はとても意味がある気がします。
それは英語の単語にも通じるかもしれませんし、暗記というものに 少し近づいた
ことかもしれません。
子供は、ある意味単純で、親が喜ぶから・・・喜んでほしいからいい点をとる
になります。
これはあまり変わることはなく、ただ薄れてはいくようです。

かのんさんが言うように復習重視の宿題レベルな学習はつまらないですよね~
ただやるだけになるのが目に見えてます。

今のままで、かのんさんの目にとまった、ちとおもしろそうな物を
取り入れるやり方・・・とてもいいと思います。
先取り・・・というより、視野を広げる、勉強を違う角度から学べる方法なのでは
ないでしょうか。

余談ですが、中学からは教科ごとに先生が変わりますよね?
そうすると、先生が嫌い・・・いやな先生だからその教科があまり出来なくなる、
ということもありますよね?
娘が今、それです。(泣)
理科ですが、小学生時代は特別好きなわけではなかったのですが、
成績はまぁ出来ていました。・・・が、今は、かなり心配です。
その時、その時で心配はつきません。(子離れできてない・・・ってことかしら?)

Re: No title

全然余計なことなんて無いですよ~!!
おっしゃる通りすぐには結果が出ないし
子どもそれぞれ。千差万別、しかも変わって行く・・・
なのでせっかく続けさせて頂いているブログ、
色々なご意見を聞いて試行錯誤していきたいですe-68

お嬢さんの漢字のお話興味深いです。
小さい頃からの働きかけが下地になって
しかもそこにやる気が爆発すると良い結果が出る、という好例ですね!!
下地だけ作ってもやる気が出なければ・・・
やる気が出ても下地がなければ・・ですもの。

うちの場合親主導になりがちなので
子ども自身の伸びる力をもぎ取らないように
「やらせすぎ」には注意しつつ進めなくてはと感じます。

目標を立てた過度な先取りはこれまで通りやらず
でも子どもがツマラナイと言わないようなレベルの家庭学習をしつつ
あまった時間は遊んだり本を読んだり・・と
マイペースに進んで行きたいです。ありがとうございます!!

私は学校嫌いな人間なのでww
先生が合わなくて教科が出来ない、というのよくわかります。
もともと5教科中一番出来の悪い数学。
高校受験までは何とかついていきましたが
数Ⅰの先生と合わず、以降撃沈しセンター試験受けられませんでしたww
夫は同じ先生で超合っていたためセンター満点レベル・・・
先生との相性って難しいですねe-443
Myネイルアルバム
プロフィール

かのん

Author:かのん
2007年4月に始めたジェルネイル。
不器用ながら楽しんでいます

にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ

ランキング参加中

別館リバティーンズのブログ

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おともだち
人気記事ランキング
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ファッション・ブランド
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ネイルアート
27位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリー
欲しい物やお気に入り


臭いを気にせず楽しめる3Dセット
シャイニー 12wLEDライトセット

シャイニー 32wLEDライト

気に入りました☆ココイスト

最近のコメント
メルフォ
☆管理人へのメールはこちらから☆
ブログ内検索
月別アーカイブ
Ripre
Bling
 
リンク
RSSフィード
忍者TOOLS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。